BIOS画面をスクリーンショットする方法。exFATでも大丈夫。

スポンサーリンク

BIOS画面のスクリーンショットを撮る方法をまとめておきます。

スポンサーリンク

BIOS画面のスクリーンショットを撮る方法

USBメモリを準備しよう

BIOS画面のスクリーンショットを撮るにはUSBメモリが必要になるようです。

USBメモリを準備しましょう。

USBメモリをフォーマットしよう

USBメモリを右クリックでフォーマットします。

マイコンピュータの開き方ですが、「スタート」→「Windows システム ツール」→「PC」です。

ファイルシステムは「exFAT」で問題なかったです。

調べてみると「FAT32」にしておけと書いてありますが大丈夫でした。古いマザーボードだと「FAT32」じゃないとスクリーンショットできないのかもしれません。

「F12」でスクリーンショット

USBメモリをパソコンに挿した状態で、BIOS画面を起動して「F12」を押しましょう。

USBメモリの選択メッセージが表示されるので、ダブルクリックでUSBメモリを選択するとスクリーンショットが撮れます。

あとがき

これで画面の反射を気にせずにスクリーンショットを保存することができるようになりました。

BIOSの設定はややこしいので、スクリーンショットが撮れると後から見たときにわかりやすくていいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました