スポンサーリンク

Archicad用のパソコン自作。Quadroじゃなくてもいいみたい。

どうも、ねんごたれです。

少し前、知り合いの設計事務所の手伝いをすることになって、
Archicadが動くパソコンが必要になりました。

調べてみると、どれも高いんですよね。

「だったら、買うより自分で作ったほうが安いんじゃないか。」
ということで、作ってみることに。

幸いにも、最近、window10のAnniversary Updateよりライセンス認証が Microsoftアカウントに付属

これにより、マザーボードやCPUを変えてもそのまま使えるようになったのも理由の一つです。

ちょうどいいタイミングだよ、全く。

必要なもの。

ec75bfa8569d6a3e7abe922ada9a35fe_s

略称 製品名 購入価格
CPU Intel CPU Core i7-6700K
(LGA1151)
35,257
マザーボード ASUSTeK Intel Z170搭載 マザーボード
(LGA1151対応)
17,224
SSD Transcend SSD 480GB(SATA3) 12,671
HDD WD HDD 内蔵ハードディスク 3TB 7,770
メモリ TEAM DDR4 PC4-19200 16GB×2
(DDR4 2400MHzシリーズ)
11,999
光学ドライブ ASUSTek Windows10対応 M-DISC対応
(BD-R 16倍速書込)
8,015
CPUクーラー 92mmサイドフロー型CPUクーラー 白虎 2,891
ケース ATX対応ミドルタワーPCケース
(Corsair Carbite 100R Silent)
5,772
電源  80 PLUS Silver 750W ATX電源
(玄人志向)
10,778
モニター LG ディスプレイ モニター 27インチ
(超狭額AH-IPSパネル)
23,449
マウス Logicool ロジクール ゲーミングマウス
(G502 RGB)
6,247
キーボード ロジクール ワイヤレスキーボード
(K275)
2,380
HDMIケーブル Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル 598
SATAケーブル 変換名人 【3個セット】 SATA6Gbケーブル  1,280
ビデオカード GEFORCE GTX 1070 8GB 44,814

結構多い。

トータル191,145円

Archicad用にビデオカードを買ったのが大きい。

Quadroではなくてゲーム用のものを付けてみたのだが、問題なく動いているので大丈夫だろう。3Dモードもヌルヌル動きます。

それがなければ、44,814円は安くなるので、トータル15万ぐらいでパソコンが一揃い組み立てられることになるかな。

今回は、3Dを動かすために必要なので仕方がない

【要確認】自作するときの注意点。型が合えばだいたい大丈夫。

78456f795b3d1f38d8bb2c2d2b69124f_s

・CPUとマザーボードの型が同じ。(LGA1151)

・マザーボードとメモリの型が同じ。(DDR4)

・マザーボードとSSD,HDD,光学ドライブをつなぐSATAケーブル(SATA3)

※DDR3とDD4は形が違うので気を付ける。
※SATA2,SATA3は互換性があるので間違えても大丈夫。
しかし、マザーボードがSATA3対応なら全部SATA3に合わせたほうがいい。

電源の選び方。

00bd0a70eaba666f9a772e0931620464_s

トータルでどの程度消費電力がかかるかを考えてみる。

買う時に、どのパーツが何w必要なのかを確認して足していく。

今回は

CPU 96W×1.5
メモリ 5W×2
マザーボード 50W
ビデオカード 225W
光学ドライブ 25W
SSD 25W
HDD 15W
142+50+225+25+25+15=482
482÷0.7=688

ぐらいなので、700Wあればいけそう。

ちょっと多かったかな。

参考↓

電源容量の目安の計算方法 – その他 PC パーツの選び方

 
組み立てるときに気をつけること。

1012825e56cfa151f4deee4c4db891ed_s

まず、素手だと危ない。

いろいろ金属がとがっているので、擦り傷が多くなる。手の油で汚す場合もあるので、できるだけ手袋をする。

ぼくが使ったのは、TRUSCO(トラスコ) 静電気対策用手袋(指先ウレタンコート) 。毛がでなくて滑らなければ、なんでもいいんじゃないだろうか。

夏場は汗が垂れるので、できれば涼しくほこりが少ない部屋で組み立てる。

冬がおすすめ。

組み立て手順はこんな感じ↓

①マザーボードにCPU、メモリの取り付け。
グリスをぬりCPUクーラーを取り付け。
③マザーボードをケースに固定。
(CPUクーラーの大きさによっては②③の順番が変わる。)
④電源、光学ドライブ、SSD、HDDをケースに取り付ける。順番は適当。
⑤それぞれに、SATAケーブルや電源ケーブルを差し込む。
(わかりにくいので、マザーボードに入っている説明書をよく読む。)
⑥ビデオカードをマザーボードにつけ、忘れず電源ともつなぐ
⑦ケースの蓋をしめる前にきちんとつくのか、電源を入れモニターに映してみる。
⑧うまく映っていたら完成。

反省点。

176345cfa0fd174c92134438228cd9d3_s

よく考えずに作った結果、余分な出費が多い。

SSDは480GBもいらない
240GBぐらいがちょうどいい。120GBはちょっと少ない。
HDDは3TBもいらない
2TBで十分だろう。それより小さくなるとあまり値段が変わらない。
ブルーレイも見ない
必要になったときでいいと思う。
というより、パソコンでわざわざみない。PS3でいい。
これからどんな時代になるのかわからないが、そのときには安くなってるはず。
大きなデータのやり取りは、USBかHDDやし。
オーバークロックもしない
これから興味が出てくると思って買ったが、
興味がでてきたら、そのときにまた最新仕様に組み立て直せばいいことに気が付く。
電源も少な目でいけた
大まかな計算しかしてない。まあ大きい分には問題なかった。
きちんと計算しよう。
メモリ32GBもいらない
16GBあれば十分。足りなければ、その時に増設。

OSについて。

前のパソコンがHDDにOSをインストールしていたので、SSDにデータを移した。
クローンを作ったかたち。使ったソフトは、『EaseUS Todo Backup』。

気を付けるところは、
OSのデータだけではなくて、全部選択して移す。

やっぱ起動速度が全然違う。変えて正解。

参考↓
EaseUS Todo Backup Freeを使ってクローンSSDを作成する方法

EaseUS Todo Backup Freeの日本語公式ホームページはこちら↓
http://jp.easeus.com/backup-software/free.html 

使い勝手。

70b48ef14f776bb04700aa286eaf1f59_s

マウスはショートカットキーが欲しくて、これにした。
Archicad を使ってるとこれが便利。建物を回転させるのに一発でいける。

CPUクーラーは、IORI虎徹という選択肢もあったが、
あれは大きすぎるのでつけにくい。白虎ぐらいがちょうどいい。

モニターに27インチも、いらない気もする。
まあ、いろいろ見ながらできるので必要っちゃ必要。
そこまで、使いこなせてないが。

ケースが組み立てもしやすく、音も静かで見た目もいい
しかし、電源が押しにくいのだけがネックだ。
指がでかいから仕方がないが。
押した感触は最高なんだが、ちょっとボタンが小さい。
ほんまそこだけが気になって仕方ない。

今はパソコン関係値上がりしてて、かなり高い。
作った時期がよかった。

追記

現在ではもっと性能の良い新しい製品が出ているので、そちらを購入するようにすると安いのでオススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました