どうも、ねんごたれです。

『小説家になろう』の作品で読んだものの内容をまとめておこうと思います。少しでも参考になれば幸いです。※ネタバレ要素満載です。

※題名は『小説家になろう』のページに飛ぶようにリンクを貼ってあります。あらすじは、作品ページから引用してます。

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増やしていく。そして、気が付いた時には圧倒的な力を手に入れていた。そんなケルヴィンの向かう先にあるものは……?
世界観

異世界転生もの。レベルもステータスも数値で表現されている、王道な設定。主人公は記憶を犠牲に能力を上げたので、初期の召喚術や鑑定といった能力が高い。その能力を使って異世界を闊歩していく。

始めはスライムを仲間にし、地道にレベルを上げていくので、ほのぼのとしている。このまま行くのかと思いきや、早速絡まるというテンプレ。仲間にしたスライムが進化し、めちゃくちゃ強いなど、バトルメインの内容になってくる。

また、登場人物には、小さい子どもが好きな甲冑おじいちゃんから、美人の悪魔の怪力お姉さんまで、幅広く濃いキャラが出てきて飽きることがない。

文字数が多く、話数も多いので、読み始めるとかなりの時間泥棒になること請け合い。まだまだ連載中。

 

感想

最弱のモンスターも育てると強くなるというのが、とてもいい。やっぱり、育成系の要素は必要不可欠だと思う。どんどん進化していくのもいいし、人間も進化するのが他の作品とは違うところだ。それはそれであり。

子供好きのおじいちゃんキャラがいるのもいいな。このおじいちゃんに和む。とてもいいキャラ。

登場人物が、自分の意思で決定したように思えて、実は手のひらの上だったなんて...ということが度々。出し方も上手で、「えっ!そうやったんかー。」ってなるのでワクワクしながら読める。

物語はいよいよクライマックスに入ろうとしているところ。更新が待ち遠しい。

 

あとがき