【DIY】釣り竿立てを作り直してみた。

スポンサーリンク

以前作成した釣り竿立てを作り直すことにしました。

以前の釣り竿立てはこちら↓

スポンサーリンク

釣り竿たての作り方

板を固定しよう

板に穴を空けるために、板を固定します。

穴をあけよう

板にホールソーで穴をあけます。

半分にしよう

空いた穴を基準に半分に切ります。

必要な長さにしよう

必要な部分だけにするため、両端を切ります。

台の部分を作ろう

台の部分を組み立てます。

固定は分解しやすいようにビスでとめます。

立てかける部分をつくって終了

立てかける部分を固定して終了です。

ギリギリもう一本立てかけれるかな。

前回よりも安定性が増した

前回作ったのは、持ち上げるとたたんでしまい安定性にかけていましたが、今回のは頑丈です。安心して竿をかけることができます。

あとがき

今回はホールソーを使って穴をあけましたが、竿を立てかけることができれば問題ないのに気が付きました。穴をあけなくても長めのビスに養生テープを巻きつけたらいいんじゃないかなと思ったので、次に作るときはそうしようかなと思います。

ちなみにホールソーはホームセンターで購入しました。電動ドライバーは10.8Vのものを使用しましたが、ホールソーを使用するのであれば、もっと強いインパクトドライバーの方が良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました