【DIY】PCケースを1×6材で自作。小型にしたかったのにでかい。

スポンサーリンク

PCケースを自作してみました。

初めて作ってみたので不格好なのですが、だいたいの作り方がわかったので、次作るときはもう少しうまくいくと思います。

スポンサーリンク

1×6材でPCケースを自作する方法

材料を準備

枠になる材質

今回は1×6材を使いました。

厚さが2cmもあるため、PCケースには不向きですね。加工も難しいし。

電源ボタン

電源ボタンは「Ulincos U16F5M モーメンタリ」を使用しました。

LEDライトがかなり明るいのでもう少し暗めのものかLEDが付いていないものの方が良いかもしれません。

マザーボードの固定器具

マザーボードと床の隙間を開けて固定するための器具は「AINEX ネジセット」を購入しました。

ケース付きなので、余っているネジとかを保管するのにも便利です。

SFX電源

電源はSFX型の薄い電源「玄人志向 KRPW-SX400W/90+」にしました。

SFX型にしないと、PCケースが分厚くなるか、幅広になるかするので注意です。

CPUファン

CPUファンは純正のものだと音が大きすぎるため、薄型の静かなCPUファン「アイネックス IS-40X」にしました。

ケースのサイズを考えよう

ケースの中身をどんな配置にするか考えて、ケースのサイズを決定しましょう。

電源と光学ドライブの位置さえ決めてしまえば、ケースサイズが決まると思います。

木を切り出そう

決定したサイズを切り出します。木の厚さが2cmなので注意です。

  • 床:32cm×2
  • 奥壁:32cm×1
  • 左右壁:30cm×2
  • 正面壁:36cm×1
  • 蓋:36cm×2(蓋に隙間ができてしまった)

今回はこんな感じで切りました。

蓋の部分のサイズがズレてしまって、4cmの隙間ができてしまいました。

マザーボードの固定部分を決めよう

マザーボードを固定するためのスペーサーを設置するために場所を決めます。

マザーボードを実際に置いてみて印をつけます。

また、ついでに電源や光学ドライブ、マザーボードのHDMIなどを付ける部分に印をつけておきます。

切り出そう

印をつけた部分を切り出します。

マキタの充電式トリマを使ってみましたが、慣れてないのでガタガタになってしまいました。ガタガタになったところはサンダで削って修正しておきます。

組み立てよう

切り出したものを削ったあと、組み立てます。

そのままでは、電源と光学ドライブを固定させることができないので、枠を取り付けておきます。

色をつけて仮置

色をつけて乾かした後、仮置します。

起動するか確認

起動するか確認します。

起動してみると、純正CPUクーラーの音が大きいので別のCPUクーラーに変更しました。

蓋をして完成

蓋をして完成です。

蓋は乗せているだけで、固定していないのですぐにメンテナンス可能です。

マウスとキーボードはLogicoolのものです。

あとがき

小型のコンパクトなものを作成したかったのですが、内蔵の光学ドライブを設置すると、どうしても大きくなってしまいます。元の古いパソコンよりも大きくなってしまったので、本末転倒ですね。

次回作ることがあったら、光学ドライブは外付けの薄いものにしようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました