【BlueStacks】64bitにするために、仮想化を有効にする方法。

スポンサーリンク

「BlueStacks 4」を64bitにする場合は、CPUのバーチャライゼーション「仮想化」を有効にする必要があります。

ここでは、仮想化を有効にする方法を解説します。

スポンサーリンク

仮想化が無効になっているか確認しておこう

タスクマネージャーを起動し、仮想化が無効になっているか確認します。

タスクマネージャーの起動の仕方は以下の通りです。

  • Ctrl+shift+escで、「タスクマネージャー」を一発起動
  • Ctrlaltdeleteで、「タスクマネージャー」を選択
  • 下のタスクバーを右クリックで、「タスクマネージャー」を選択

この3つのうちどれか1つで起動しましょう。

「パフォーマンス」の中の「CPU」で確認できます。

  • 仮想化:無効
  • Hyper-V サポート:はい

仮想化が「無効」になっているので、「有効」にする必要があります。

「BlueStacks 4」を64bitでプレイする場合は、「Hyper-V サポート」も無効にする必要があるのですが、仮想化を「有効」にすると、自動的に「Hyper-V サポート」が無効になったので、気にしなくて良いでしょう。

仮想化を「有効」にする方法

ASUSのマザーボードの方法を載せておきます。マザーボードが違えば多少方法が変わってくるので注意しましょう。

BIOS画面を開こう

パソコンを再起動し、F2を押しっぱなしにすることで、BIOS画面に行くことができます。

Advanced Modeへ行こう

右下の方にある「Advanced Mode」へ行きましょう。

「詳細」→「CPU設定」へ行こう

「詳細」→「CPU設定」へ行きましょう。

「Intel(VMX) Virtualization Technology」を有効にしよう

「CPU設定」の中を下の方へスクロールしていくと、「Intel(VMX) Virtualization Technology」というものがあるので、それを有効にします。

設定を保存しよう

「終了」→「変更を保存しリセット」→「OK」で、変更を保存して終了することができます。

仮想化が有効になっているか確認しよう

仮想化が有効になっているかをタスクマネージャーで確認しておきましょう。

あとがき

設定は少しややこしいですが、これで「BlueStacks 4」を快適に使用できます。

パソコンでスマホのアプリができるようになるのは便利ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました