スポンサーリンク

PS4 slimのファンがうるさいので、CPUグリスを塗り替える。

モンスターハンターアイスボーンをしているが、PS4のファンの音がうるさすぎる。プレイ中に気になって仕方がない。

おそらくCPUのグリスがきちんと塗れていないと思われるので、確認のためと掃除のためにPS4を解体してみることにした。

必要な道具

  • トルクネジドライバー(真ん中に穴があるやつ)
  • プラスドライバー
  • ラジオペンチ
  • ウェットティッシュ
  • マスキングテープ
  • CPUグリス
  • タオル(外したネジ置き用)

youtubeを見ながら解体。

PS4分解してみた+新作予告映像! PlayStation4 Slim disassembled

こちらの動画を参考にしつつ、慎重に解体していく。

これが問題のPS4。

保護シールを剥がしてネジを外す。真ん中に出っばりがあるトルクネジなので、穴のあるトルクドライバーを使って外す。真ん中に穴がなくても回ったので、どちらでも良さそうな気もする。

ケースを外すとこんな感じ。見えているネジや配線をすべて外す。このときにいくつかネジの種類があるので、外したところにマスキングテープでくっつけておくと、組み立てるときに便利。マスキングテープはホームセンターで買うほうが安いし、買っておくと何かと便利。

ネジを外せたら、次は裏へ。カバーを外すとこんな感じ。やたらと長いネジがあり、しかも長さが違うので、マスキングテープで貼っておくと良い。

左の黒い部分が電源部分。こいつを外す。

左の金属部分から外さないと外せない。そしてこの部分はやたらと外しにくいので、慎重に。

電源を外して、右側も外すとこんな感じ。ホコリが詰まってファンがフル回転していると思ったら、全くホコリが入ってなかった。

ちなみにこのときに左下の配線を外しておかないと、基盤を外すときにかなり面倒になる。

このあとひっくり返して基盤を外していくのだが、ヒートシンク横のこの金属が落ちてくるので、マスキングテープで固定しておく。

基盤を外していく。左の斜めの金属部分を外すと終了。ガバっと外せる。

すると、CPUグリスの部分までこれた。やはり、ここがカピカピになっていた。きれいに拭き取り、塗り直す。

あんまり盛るとはみ出るので、こんな感じに適当に塗りつけ、はめ直したときに、ギュッと押しておく。

CPU グリスの塗り方を比べてみました

あとは、組み直して終了。

今回撮っている写真の部分を撮っておけば、それほど迷わず組み立てることが可能だ。

あとがき

ここまでして変わったかというと、それほど変わった気がしない。

たぶん、快晴の夏の暑い日にエアコンもつけずにPS4をしているから違いがあまりわからないのかもしれない。

また、確認しておこう。

今回で、やり方も一通りわかったので、いつでも直せそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました