【BUFFALO】wifiで直接打てば接続できるのに、検索で出てこないときの対処法。

スポンサーリンク

Wi-Fiに接続する機器が増えると、古いWi-Fiルーターでは速度が遅くなってしまいます。

自分も、親が携帯をよく使うようになったのと、PS4、3DSなどのゲーム機器などの使用が増えたので、接続が安定しなくなってきました。仕方がないので、ルーターをちょっといいのに変更することにしました。メインで使用していたルーターよりも新しいものを中継機として使用していたので、メインとサブを入れ替えた形になります。

置き換えたのはいいのですが、設定のときにwifiを検索しても出てこないという問題が発生してしまい、いろいろと調べると設定を変更する必要があるみたいです。

そこで、設定の仕方を解説していきます。

スポンサーリンク

Wi-Fiの設定を変更しよう

『ANY接続』という設定があるらしく、そこにチェックが付いていないとWi-Fiが検索で表示されないようです。

したがって、その設定にチェックをつけるのが今回の目的になります。

パソコンでの操作はこちら

パソコンでは2通りのやり方があります。

  • パソコンと有線で接続し、直接Wi-Fiの設定する方法
  • 「エアーステーション設定ツール」をダウンロードして設定する方法

有線で接続するのが簡単ですが、パソコンとの距離が離れている場合があるので、エアーステーションをダウンロードするのがいいでしょう。

やり方は、公式の動画があるのでそちらを参照してください。

Wi-Fiルーターの設定画面を表示する方法(Windows 10)

スマホでの操作はこちら。

いちいちパソコンで起動しなくても、スマホの方が便利です。

直感的に操作できることもそうですが、場所が固定されていないので、部屋のどこにいても設定ができるメリットは大きいです。

仮にパソコンが壊れてしまっていたり、パソコンがなくても大丈夫なので、使えるようにしておくとリスクヘッジできていいかもしれません。

アプリをダウンロードするところで、「バッファロー」と検索すれば、「StationRadar」というものが出てくるのでそちらをダウンロードし、設定します。

やり方は、公式の動画がわかりやすいのでそちらを参照してください。

IPアドレス確認方法 StationRadar対応Wi-Fiルーター編 iPhone版

「設定なんてめんどくさいよ」という人に

設定が面倒な人は、Wi-FiのSSIDを直接打ち込みましょう。

手動で設定することで、接続することが可能です。

あとがき

もし今からWi-Fiルーターを買い換えると言う人は、こちらのルーターがおすすめです。

値段も手頃で、通信速度も申し分ないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました